info@jcwp.net

JCWPからの最新情報

「上海・大連介護現場及び福祉最新事情視察ツアー」ご案内

0001上海・大連福祉視察ツアーのご案内(201606)

 

★高齢者人口率は中国でトップの上海市。一昨年、市政府が住宅地に密着する、最低 10ベッド以上の小規模多機能施設を奨励し、全市に展開するとの政策が打ち出されて以来、様々な形の小規模があちらこちらで誕生し、その勢いには目を見張るものがあります。民間企業としては、数で利益を生み出すためにチェーン化し、自社のブランド化確立を急いでいる今、そうした状況を把握します。

★高級路線のアメリカの外資系施設、開業3年経ったところ、入居率が上昇、90%に達しています。外資系の中で一人勝ち。その理由を探ります。

★大連市は、地方都市の中で高齢者人口が高い都市です。政府が福祉に関して熱心で、様々な取り組みしていますが、施設の数が少なく、在宅介護が中心です。そのため訪問サービスの実態を重点的に情報収集します。

★大都会の上海市と地方にある大連市それぞれの特徴を見比べることで、ビジネスとしての可能性を 見出すことが期待できます。

★中国へ進出した日本企業の成果が見出し難く混沌としている今日、原因はどこにあるのか、ビジネス成功の糸口は本当はどこにあるのかなど、このツアーに参加することにより、日本の福祉関係者の皆様にとりまして、他の視察ツアーにはない密度の高い、期待に応えることのできる企画であると確信しています。この機会をぜひともご利用していただければ幸いです。

中国の介護市場を知るコストパフォーマンスが高い手段となりますので、

ぜひご参加ください!

(過去視察・交流時の模様)

 

 

DSC_5913

 


Leave a Reply